神子畑鋳鉄橋(みこはたちゅうてつきょう)

神子畑鉱山と生野鉱山の全長約16kmを鉱石運搬のために鉱山道路(馬車道)として造られた道のなかで、神子畑川を横切るときに架けられたのが神子畑鋳鉄橋です。
この区間では、昔それぞれ構造の異なる5つの橋が架かっており「神子畑鋳鉄橋」もその中の1つです。
また、現時点で残っている橋は、「神子畑鋳鉄橋」と「羽渕鋳鉄橋」の二つのみとなっています。

パーキング付近からのようす

神子畑鋳鉄橋の手前に鋳鉄橋公園がありパーキングエリアとバス停が併設されています。そこから神子畑川の河原へ降りていくことができます

国指定重要文化財に指定

神子畑鋳鉄橋は、フランスの技術指導によって造られたが、全て日本人の手によって造られた橋であるため、昭和52年6月27日に国指定重要文化財に指定されました。

神子畑鋳鉄橋は一連アーチ橋

橋長16mある橋の構造は「一連アーチ橋」
日本に現存する鉄橋としては三番目に古い橋とされています。

神子畑鋳鉄橋(みこばたちゅうてつきょう)
〒679-3453 兵庫県朝来市佐嚢
播但連絡道路「朝来インター」より約8分  朝来インターからのルート(GoogleMap)
  1. 経ヶ岬灯台

    2019.08.15

  2. 経ヶ岬展望台(山頂展望所)

    2019.08.15

  3. 餘部鉄橋「天空の駅」

    2019.08.14

  4. そろばん亭

    2019.07.23

  5. 松江公園

    松江公園

    2019.05.31


Booking.com